Master@London

「Hope the best, Prepare for the worst」

世界から見る日本~IMD世界能力ランキングから~/2017 IMD World Talent Ranking

f:id:arichaaan123:20171206003524j:plain

スイスにあるビジネススクール国際経営開発研究所(International Institute for Management Development/IMD)の研究機関、IMD世界競争力センター(IMD World Competitiveness Center)は、世界63カ国(2017年度)を対象に、人材競争力に関し調査、ランク付けを行う「ワールドタレントレポート」を発行しています。

www.imd.org

 

経済の成果を評価するために3つの要素を調査しています。

①自国で育った人材を育成するための資源を測定する投資と開発の要素

②人材を引き付け保持するための能力を評価する魅力要素

③人材プールで利用可能な技術の質を定量化する準備の要素

これには、教育、実習、職業訓練、言語スキル、生活費、生活の質、給料および税率が含まれます。

youtu.be

 

~地域別~

f:id:arichaaan123:20171205231538j:plain

f:id:arichaaan123:20171205234235j:plain

※ランキングは数字が低いほど良い評価なので、バーが小さいほど良い

Western Europeすばらしい!(Austria, Belgium, Switzerland, Cyprus, Germany, Denmark, Spain, Finland, France, United Kingdom, Greece, Ireland, Iceland, Italy, Luxembourg, Netherlands, Norway, Portugal, Sweden)

次いでNorth America & Commonwealth (Australia, Canada, New Zealand, USA, South Africa)
そしてEastern Asia(China Mainland, Hong Kong SAR, Japan, Korea Rep., Taiwan)

 

Western Europe勢がトップ10を独占!

1位 スイス2位 デンマーク3位 ベルギー、4位 オーストリア、5位 フィンランド、⑥オランダ ⑦ノルウェー ⑧ドイツ ⑨スウェーデン ⑩ルクセンブル・・・

 

~アジア~

12位 香港13位 シンガポール、20位 イスラエル、22位 カタール、23位 台湾、25位 UAE、26位 サウジアラビア、28位マレーシア、30位 カザフスタン、31位 日本・・・!

 

~日本~f:id:arichaaan123:20171206000647j:plain

63か国中31位!

昨年比べて総合順位は横ばいですが、『投資&開発要素』と『準備要素』は上昇し、『魅力要素』は下降していますね。

 

~投資&開発~

f:id:arichaaan123:20171206010227j:plain

▲高評価:実習の実施 5位、社員研修 5位

△低評価:公的教育への支出 56位、女性の労働力 45位、初等教育での学生に対する教師の割合 42位

 

~準備~f:id:arichaaan123:20171206011402j:plain

▲高評価PISA(国際学力調査)による教育評価 4位

△低評価:海外経験 63位、語学能力 59位、管理職の能力 58位、経営教育 53位、大学教育 51位、留学生受け入れ 45位

 

~魅力~

f:id:arichaaan123:20171206011718j:plain

▲高評価:人材の勧誘と確保 2位、給料・報酬 7位
△低評価:生活コスト 58位、外国人高度人材からの魅力度 51位

 

文献

https://www.imd.org/globalassets/wcc/docs/talent-ranking/talent_ranking_2017_web.pdf

・高度技能人材からの人気、日本はアジア最下位/Japan ranks dead last in Asia for top foreign talent

Japan ranks dead last in Asia for top foreign talent | The Japan Time